午前中の結弦さん関連ニュース

AFP羽生結弦が今季初戦で首位発進、オータムクラシック

お写真たくさんあります

共同通信

フィギュア羽生、復帰戦SP首位オータムクラシック

サンスポ

羽生、4回転トーループ3成功!五輪連覇明けシーズンがスタートフィギュア

スポニチアネックス

羽生五輪連覇以来初の実戦、究極目標4回転半へ挑戦が始まる

jijicom

羽生、9774点でSP首位女子の樋口は5位オータムフィギュア

スポニチアネックス

羽生結弦緊張の今季初戦右足首は良好プログラムとしてはまとめきれた

フィギュアスケートオータムクラシック第2日2018年9月21日カナダオークビル

フィギュアスケート男子で五輪2連覇の羽生結弦23は21日日本時間22日、平昌冬季五輪以来初の実戦となるオータムクラシックの男子ショートプログラムに臨み9774点で首位に立った。

ブルーを基調とした衣装を身にまとい、幼いころから憧れていた元全米王者のジョニーウィアー氏34がフリーで使用した秋によせてに合わせて舞った。とにかく今回の試合のコンセプトは1つ1つを感じながらというところがテーマだった。最初の4回転サルコーを決めて順調に滑り出すと、4回転トーループ3回転トーループの連続ジャンプではやや乱れたものの着氷。一発目のジャンプで詰まってしまって。最後は美しいステップを見せて貫禄の首位発進した。

今季初戦の演技後、羽生はあー、という感じと苦笑い。まだ、緊張する。0点だったスピンにも表れていたけど、滑り込みきれていない。サルコーとトゥーループの4回転工程は、ある意味、長くやっているといえるぐらいだけど、ミスが出てしまうのは修正しないといけないと反省する一方、プログラムとしてはまとめきることはできたと収穫も口にした。シーズンオフ挟んでの初戦は誰しもが緊張するし、いつも感じる通りに不安感もあった。それはけがからということではなくて、新しいプログラムだったり、そういうところに起因していると説明。けがをおしてというわけではなく、ちゃんとケアしながら足首の状態を良くしながら、こうやってシーズンインに臨めたのは良かったと手応えをつかんだ様子だった。

22日同23日のフリーはで、こちらも羽生が尊敬するエフゲニープルシェンコ氏35の伝説的なプログラムニジンスキーに捧ぐで使用された曲をアレンジしたものとなる。明日も同じ緊張感はあると思う。とにかく今日久しぶりの試合でジャンプを跳んだり、スピンをやることを味わうことができたのが、明日につながればいいと前を向いた。

デイリー

羽生、スピン0点も首位発進本家ウィアー氏絶賛自分を見た

ピアノの音色に、柔らかい羽生の舞が重なった。は羽生が幼少期に憧れ、僕のスケート人生の中で印象に残っているプログラムの1つと語るジョニーウィアー氏のプログラムを使用。当時のウィアー氏が着用したものより淡い青の衣装で演技した。

冒頭の4回転サルコー、出来栄え点で349点の加点がつく美しいジャンプで幕を開けると、次とジャンプを着氷。後半の足替えシットスピンが条件を満たさず0点の判定を受けるも、しっとりとした演技で会場を魅了した。

ウィアー氏は羽生の演技直後に自身のツイッターを更新し、オトナル秋によせては今やユヅくんのものだと、涙の顔文字をつけて感動を表現。五輪王者羽生結弦の素晴らしいシーズンデビューと記し、トゥターンやパンケーキスピン中、彼の腕のポジションに、少し自分を見た。幸せ!と絶賛した。

羽生にとってウィアー氏はジャンプを降りた時の流れや姿勢の美しさ、音に合わせたジャンプ、1つ1つの丁寧さ。やっぱり1番はランディング着氷の美しさかな。その流れにすごくひかれて、自分もこういう風に跳びたいな、滑りたいなと思っていた記憶があると語る憧れの人。羽生の美しさを築き上げる原点となった存在だ。4月のアイスショーで本人に許可をもらい、今季に臨んでいる。

22日日本時間23日に行われるフリーでは、同じく憧れのプルシェンコ氏の代表曲をアレンジしたオリジンを初披露する。

THEANSWER

羽生結弦、新SPの先輩ウィアー氏も絶賛秋によせてはユヅクンのものに

全文はこちらから。

ロイター

フィギュア羽生が首位発進、オータムクラシック

21日ロイター-フィギュアスケートのオータムクラシックは21日、カナダのオークビルで競技を行い、男子ショートプログラム羽生結弦が9774点をマークし、首位で発進した。22日にフリーを行う。

車俊煥韓国が9056点で2位、ジェーソンブラウン米国が8890点で3位につけた。

女子では4位の樋口新葉がフリーで5位となり、合計16701点の総合5位に終わった。12位の松田悠良はフリーで9位とし、総合9位。

トップのエフゲニアメドベージェワロシアはフリーで2位となり、合計20489点で総合2位だった。ブレイディテネル米国が合計20641点で優勝した。

時事通信

東スポ

フィギュアオータム羽生9774点で復帰初戦首位も不完全燃焼

テレ朝ニュース動画

羽生結弦選手、貫録の首位発進平昌五輪後初の実戦

97点出しても点数伸び悩みとか言われちゃうのね(;)

でもジョニーは喜んでくれたみたいで、良かったね(-)

あのパンケーキスピンは、ジョニーからcontinueしたんだなぁと思います。()()