秋日和にゆっくりもしたいのだけれど - DAYOFF&Knulp NEWS

白馬も、日に日に秋めいてきています。外で過ごすには、羽織るものが必要です。寝具も夏掛けからウールの毛布に替え、食材も徐々に変える季節。避暑に来られたり、唐松岳や白馬岳に登られたり、黒部や上高地松本城善光寺などの観光地を廻られる方が主だったのが、この頃は温泉・のんびり・蕎麦を食べにと、旅行の目的も変化している様子。あと2ヶ月もすると半年に渡るスキーシーズンを迎えますが、いっとき秋宵にのんびりするのも良いですね。

明鏡止水、夜明け前と並んで、お客様からのご注文が多い地酒「十六代九郎右衛門」。うちでは東条産山田錦をご用意してますが、酒米によって味わいものどごしも違うので飲み比べ。信州産金紋錦、播州愛山もそれぞれ個性豊かできりがありません。このところの地元信州ワインとの出会いの野歩きも一緒。うちではメルローシャルドネを中心にご提供してますが、信州の畑も良いブドウ収穫できるから、ピノノワールカベルネソーヴィニョン、カベルネフラン、ナイヤガラ、ピノグリとそのワイナリー、その畑によっても違うので、これもまたきりがない。大手のワイナリーは良いのだけれど、小さなシャトーはワインの確保やお値段的にも、当面はうちでのご提供は難しいのかな・・・それでもご案内できるくらいには飲み歩こうと思うこの秋です。お休みと天気を見て山歩きもしたいし、優勝目指して頑張ってる山雅の応援にも行きたいし、秋ものんびりしたいけれど忙しく過ぎてくのかな・・・