ルースズクリス・ステーキハウス その1「テーブルを替えてください」@ワイキキビーチウォーク(正月はハワイで2018 その90・6日目) ( 北アメリカ )

ハワイ最後の晩餐に選んだお店は、ルースズクリス・ステーキハウス

数か月前から、インターネットで予約していたのですが、通された席が、厨房からの出入口の目の前の席

マネージャーを呼んでもらい

「あらかじめリクエストしていたのは、静かに食事ができる席。なのに、通路の真ん中の厨房の出入口前の席はないだろう」と

言うと「この席しか空いていない」と言い出す始末。

言ってやりましたよ。単語を並べて!

「2カ月前にこのお店を予約したんですよ」

「しかも静かに食事ができる席をってね」

「なのに、こんなうるさい席はないんじゃないですか?!もう一度探してください!」

すると、こちらへどうぞと、一番奥の静かな、広いテーブルに通されました。

この時感じたのは「席を振り替えられた」ということ。

日本人だからなめられたのか、それとも常連を入れたかったのかは、分からないですが、静かな席はあったのです!

日本人の皆さん、納得がいかなければ、自己主張することを忘れないでください。

高級レストランであれば、あるほど、三越本店と同等のサービスが受けられると思ってください。

それが、受けられないのであれば自己主張するべきなのです。

ルースズクリス・ステーキハウス@ワイキキビーチウォーク

http://jp.ruthschrishawaii.com/Home/Our-Menu.htm