『はるじろう 南あわじ温泉へいく』

先月、ロビ(夫・仮名)と淡路島へ行って来ました〜

6年前に訪れた時は洲本温泉のお宿に泊まりましたが、今回は南あわじ温泉のお宿「あわじ浜離宮」さんに泊まりました

ホテルのすぐ側には、名勝・慶野松原と砂浜が広がります

お部屋のテラスからは、松原と砂浜を眺める事が出来ました

和洋室の広々としたお部屋で、早速くつろぐロビ↓

暫しお部屋でのんびりした後は、お宿の近くを散策しました

淡路島の西海岸に位置するので、運が良ければ美しい夕暮れを見る事が出来ますヨ

この日は少し曇ってはいましたが、雲のすき間から夕陽を見る事が出来ました

お宿のオープンデッキテラスからも松原を望む事が出来ます。

テーブルに反射して映った松原も素敵ですね

オープンデッキテラスでもやっぱり…↓

くつろぐロビでした(笑)

ホテル内もお洒落な洋館を思わせる佇まいで、とっても素敵でした

吹き抜けの開放感あるエントランス↑

各所に宿泊者が思い思いにくつろげるラウンジが。

旅に華を添えてくれる、そんな空間ですね

そして☆温泉と同じ位、楽しみとしていたのがお食事ですっ

淡路島産の食材にこだわった、お料理の数々。見た目の美しさにも注目です

『島の恵み 彩りプレート』

まずは、前菜4品から。

『南瓜の和風スープ』

スープの上にのっている淡路島産玉ねぎと淡路牛(めっちゃ豪華)を混ぜて頂きました

『旬魚のお造り』

お造りだけでなく、ツマのお野菜も美味しい

ちなみに、ロビはお造りが苦手で、事前にお宿へその旨を伝えたところ、お造りの代わりになるものを提供して頂ける事に。

それが何と………↓

鮑の網焼きですヨ 予想以上の豪華さに、驚きを超えてうろたえる ロビとはるじろう(笑)

柔らかい鮑にロビは大喜びしておりました

『伊勢海老と契約農家の野菜特製ブイヤベース』

カメラが曇ってしまう程の熱々の湯気。味付けは塩だけというから驚きです

各々の食材の旨みが溶け込んで、絶品のブイヤベースでした

『淡路島産旬魚の幽庵焼』

絶対ご飯が進みそうな鰆の幽庵焼でした

『淡路牛のステーキ』

塩でもソースでも、どちらで頂いても美味しい

そして、ご飯も淡路島産キヌヒカリ 赤出汁、自家製香の物と一緒に。

オリジナルデザートは、淡路島産の牛乳を使ったゼリー

どれも地元の食材の良さを十分に活かしたお料理で、大満足でした

ちなみに☆朝食も淡路島産の食材をふんだんに使った、ビュッフェでした

朝から食欲モリモリのロビとはるじろうでしたヨ

とろりとした泉質の温泉(お肌がすべすべに)にもゆっくり浸かって、のんびりとした休日を過ごす事が出来ました

あと、1週間ぐらいは滞在したいものですわ〜(笑)

「あわじ浜離宮」さんの場所はコチラ↓

●地図

「あわじ浜離宮」公式サイト  https://www.awajihamarikyu.com/

ブログランキングに登録しました♪宜しかったら、クリックして下さいね↓