アフター・アース

M・ナイト・シャマラン監督の

アフター・アース』を観たよ

ウィル・スミス演じるサイファ・レイジと

ジェイデン・スミス演じるキタイ・レイジの

親子共演したSF作品である。

2025年に人類は地球の自然環境を破壊し、

遠く離れた惑星のノヴァ・プライムに

移住しなくてはならなくなった。

ノヴァ・プライムの先住民は人類を抹殺するために

「アーサ」という巨大生物を作り上げた。

「アーサ」は視覚や嗅覚はないが、人間の恐怖心を察知して、

場所を特定して殺すことが出来る。

サイファは恐怖心を消して戦う「ゴースト」で、

レンジャーの仲間を大勢救った伝説の司令官である。

最後の任務にキタイを連れていくことにしたが、

小惑星ハリケーンと遭遇して宇宙船は大破し、

第一級隔離惑星の地球に不時着する。

生き残ったはキタイと両足を骨折したサイファの二人だけで、

キタイは100?先に落ちたビーコンで

ノヴァ・プライムに連絡するために出発する。

舞台は3025年なので、何もかもがハイテク過ぎて

現実味には欠けるが、サイファがキタイの位置を確認して、

的確な指示を送るシーンはこの作品の見せ場だ。

地球には人間が生存するのに必要な酸素が不足しており、

夜間には急速に温度は下がるので、

ホットスポットに辿り着く必要がある。

父親のサイファが熱くなったり、恐怖したりする息子に向かって

「ひざをつけ」という指示をするのが印象的だ。

映像的には滝や原生林が美しく正確なロケ地が知りたいのだが、

コスタリカカルフォルニア州ハンボルト、

ペンシルバニア州アストンくらいしか分からないのが残念だ。